らぶらぶメールのバナー
料金 ジャンル
男女無料 メル友/恋人/セフレ
若い娘たちの間では「恋人はいないけどセフレはいます」なんてのは常識! そんな割り切ったSEXだけの関係を築ける相手と簡単に巡りあえる! 目的がハッキリしているから話が早い!
ボタン
出会いひろばのバナー
料金 ジャンル
男女無料 割り切り/不倫/愛人
彼氏彼女の事は好きだけど、「体の相性はちょっと・・・」なんて事ありませんか?どうせSEXするなら、最高の快感を味わいたい! そんなアナタには「出会いひろば」がおすすめ!
ボタン
FirstMailのバナー
料金 ジャンル
男女無料 メル友/セフレ
刺激的な関係・・・開放的に乱れたい人が集まるサイト ・絶対会いたい!とにかくハメたい!そんな男女が見つかるFirstMail セフレや不倫相手探し、目的に合わせて女性にアポが出来る!
ボタン

18歳以上のセフレ希望の女の子と会話して大切な話しを聞いてあげよう!

今まで一度もセフレを作ったこともない人は、セフレというのはただ単にホテルに行ってやることをやって、そのまま解散するのがセフレだと思っている人もいるでしょう。
ところがセフレと言いながら、時々はデートもするし、あった時に全くホテルに行かないまま別れるようなセフレ関係もあるんです。
それならく付き合ってしまえばいいじゃないかと思うかもしれませんが、実際に男性と女性が付き合い始めると、相手のことを束縛したいと思ってみたり、お互いの家族関係も絡み合ってくるので面倒なんです。
自分が会いたいときだけの恋人になってほしいと考える人も増えているので、期間限定の恋人と思ってセフレになるのもいいのではないでしょうか。
ですから今まで一度も無料 出会いでセフレを作ったことがない人は、ただ単にホテルに行くだけがセフレではないということを覚えておいでください。
時にはホテルに行かないこともありますし、まるで恋人同士のようにレストランで食事をするようなこともあるでしょう。

そのような仲むつまじい中なのに、お互いの本名を知らないという人たちも多くいるのです。
けれども今はその世の中がはやりというが、お互いに束縛しない関係がとても重宝されているので、かなり年齢層が上の人が若い女性をセフレにもしたいと思う場合は、女性の考えがドライすぎて付いていけないと思うこともあるでしょう。
けれどもこれが普通です。
愛人でもないし、恋人でもない、自分が必要だと思う時にお互いのスケジュールが合えば、親しく会うのがセフレだと考えている人が増えています。
このような考え方が常識になってきているので、あなたもセフレと会ったときには相手との会話を楽しむようにしましょう。
時に女性の話しは長すぎて楽しくないこともよくあります。
けれどもセフレを作るためには、女性のくだらない話しをちゃんと聞いてあげないとうまくいかないんですよ。
女性たちはとにかく自分の周りの話しを聞いてくれない男性よりも、真剣に話しを聞いてくれるセフレに魅力を感じるものなんです。
その魅力がないとセフレがうまくいかないです。

できる限り長く、セフレと良好なセフレを長続きさせたいと思ってるなら、男性は聞き上手になるのが大切です。
ただ単に黙って聞くのではなく真剣に聞きながらうなずいてみたり、時には質問してみるのもいいのではないでしょうか。
こんなことをしていても無意味だと思えるかもしれませんが、セフレの相手と会話をするのはとても重要なことです。
ホテルに入っている間でも、食事をしている時でも、帰宅途中で車に乗っている時でもお互いの会話を大切にしていないと、相手から連絡が途絶えてしまうこともよくあります。
昨日までは頻繁にメールが来ていたのに、ある日突然相手と連絡が取れなくなってしまうこともあります。
それはもしかしたらあなたがセフレの話しを、ちゃんと聞いていなかったから関係が壊れてしまった、ということも十分に考えられますよ。

セフレ掲示板でセフレを作るデメリットとは?

セフレというのは、体の関係を目的とした友達関係です。
とにかく悶々としていて、性欲が溜まって仕方がないという時に、セフレを作っておくと非常に便利ですよね。
そんなセフレを作る方法はいろいろとあります。
ネットを使う人もいるでしょうし、ナンパをしたり、元々はただの友達だったのに、いつの間にかセフレになっていたという場合もあります。
そんなセフレですが、作っておくといいことだらけのような感じがしますが、セフレを作るデメリットもなくはありません。
一体どのようなデメリットがあるのでしょうか?

■揉めやすい
男性は比較的割り切って体の関係を持つ人が多いですが、女性は体の関係と恋愛感情を結びつける人が多いです。
元々好きな男性としか体の関係を持たないという女性も多いです。
なので、男性からすればセフレだと思っているのに、女性からすれば、自分に好意があるからこそ体の関係を持っていると思い込んでしまうことも少なくないのです。
すると、その関係に段々と嫌気がさしてきて、関係をハッキリさせて欲しいと言ってくることもあります。
そこで交際をする気がないとなると、それなら今までの体の関係は何だったのかとすごく責められる事になります。
特に女性は、プライドが高いので、自分の体にしか興味がなかったと言われることが許せなかったりします。
また、自分は好きだったから体を許していたのに、相手に好意がなかったと分かると、怒りもあり悲しみもあります。
そういう気持ちから、男性に被害をもたらそうとする女性もいます。
ストーカーになってしまったり、危害を加えたりしてくる女性もいます。
なので、あまりに不特定多数の女性をセフレにしてしまうというのも考え物ですね。

■病気になりやすい
セフレがいるような男女というのは、セフレが1人という事はありません。
必ず何人か相手がいたりします。
自分が会いたいときに相手の都合が悪ければ、また違うセフレに連絡をとりたいと考えるからです。
ただ、そのようにあまりに大勢の相手と体の関係を持っている男女が体の関係を持つという事は、非常に病気になる可能性が高くなります。
まさか自分がなるわけないなんていう軽い考えの人があまりに多いですが、病気は誰にでもかかる可能性があるのです。
しかも、大勢を相手にする事で自分でその可能性をかなり広げてしまっているわけです。
病気といっても、自覚症状があるものばかりではありません。
特に女性は病気にかかっているのに自覚症状が全くないという場合が多かったりします。
そんな時に、自分の知らないうちに病気を大勢に広げてしまっているという事になるのです。
コンドームというのは、避妊の道具だと思っている方も多いでしょうが、本来は病気の感染を防ぐものです。
むしろ避妊に失敗する事も多々あります。
ただ、病気が移る事はかなり避けられるので、着用はした方がいいかと思います。
特に、大勢の相手がいる人や、自分のセフレの相手が大勢な感じがするときは、着用しましょう。

自分が気持ちよくなるためのセフレですが、その存在が原因となり、嫌な思いをする事もあります。
そうなってしまえば、何のためのセフレなのかわかりません。
やはりセフレもほどほどにしておいた方がいいといえるかもしれませんね。
それでも、寂しくなった時の癒しとして特定のセフレが数人程度はいた方がいいかもしれません。
ただ、セフレでも人と人との関係なので、丁寧に扱うようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ